「おばちゃんたちの野菜行商」証言や歴史つづる 千葉からピーク時9000人

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
渡船で行商に向かう女性たち(佐倉市の旧舟戸河岸で1962年、林辰雄さん撮影)=中央博物館提供
渡船で行商に向かう女性たち(佐倉市の旧舟戸河岸で1962年、林辰雄さん撮影)=中央博物館提供

 千葉県立中央博物館(千葉市中央区青葉町)の歴史学研究科長、小林裕美さんが、かつて盛んだった千葉の野菜行商の歴史と背景をまとめた「おばちゃんたちの野菜行商 カゴを背負って東京へ」(B5判50ページ、カラー)を執筆し、県内の博物館や図書館に配布した。「行商の歴史は千葉の近現代史を特徴づける一面もある。重く大きな荷物を背に腰をかがめて行商に行ったおばちゃんたちの人生を忘れてはいけないと思う」と話す。【渡辺洋子】

 著書は午前5時、トマトやキュウリ、赤飯など約70キロの荷物を背負い、都内へ行商に行く印西市の石井のぶ子さん(81)を同行取材した記録から始まる。

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文905文字)

あわせて読みたい

ニュース特集