メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安全保障へスクラム 自衛隊など10カ国 W杯に合わせて国際防衛ラグビー

強化合宿でチーム戦術の徹底を図る自衛隊チーム=陸上自衛隊朝霞駐屯地(東京都練馬区など)で2019年5月16日午前11時22分、町田徳丈撮影

 日本で今秋開催するラグビー・ワールドカップ(W杯)に合わせ、「国際防衛ラグビー競技会」が9月に東京都内などで開かれる。出場するのは各国軍のチームで、日本からは自衛隊ラガーマンが参加。安全保障の一プレーヤーとして、スポーツを通した交流を深める。専守防衛を国是とする日本の自衛隊だけあって、チームの持ち味は「堅実なディフェンス」だ。

 大会はW杯に合わせて開催されており3回目。日本は英国で2015年に開かれた前回大会に初出場した。今…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1125文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです