メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「かるたの甲子園」ピンチ 参加者急増で運営費かさむ 主催者、協賛金募る

昨年の「全国高校小倉百人一首かるた選手権大会」の様子=大津市柳が崎のびわ湖大津館で、諸隈美紗稀撮影

 「かるたの甲子園」と称される「全国高校小倉百人一首かるた選手権大会」が、今年7月の開催を前にピンチを迎えている。競技かるたを題材にした漫画「ちはやふる」の人気などによるブームで、参加者が急増。会場の確保や畳の設営などで運営費がかさみ、数百万円の赤字が見込まれるからだ。主催者側の日本高校かるた連盟は1口1500円の協賛金を募るなど、大会運営が「空札」にならないよう苦慮している。

 同選手権大会は毎夏、小倉百人一首の「巻頭歌」を詠んだ天智天皇を祭る、近江神宮(大津市神宮町)を中心…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです