メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮設住宅で入退院 乳がんの瑠美子さん亡くなる 熊本地震被災

 2016年4月の熊本地震の避難生活で乳がんの発見が遅れ、闘病を続けていた熊本県南阿蘇村の主婦、梶原瑠美子さんが、5月21日に入院先の同県阿蘇市の病院で亡くなった。34歳だった。3人の子どもの成長を糧に一日一日を生きた瑠美子さんは「(35歳となる)7月7日の誕生日を迎えたい」と語っていたが、かなわなかった。夫豊三さん(39)は「瑠美ちゃんのことで、一人でも多くの人が乳がんの検診を受けてくれたらうれしい」と語り、愛する妻と過ごした日々を振り返った。

この記事は有料記事です。

残り4535文字(全文4760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです