メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮設住宅で入退院 乳がんの瑠美子さん亡くなる 熊本地震被災

 2016年4月の熊本地震の避難生活で乳がんの発見が遅れ、闘病を続けていた熊本県南阿蘇村の主婦、梶原瑠美子さんが、5月21日に入院先の同県阿蘇市の病院で亡くなった。34歳だった。3人の子どもの成長を糧に一日一日を生きた瑠美子さんは「(35歳となる)7月7日の誕生日を迎えたい」と語っていたが、かなわなかった。夫豊三さん(39)は「瑠美ちゃんのことで、一人でも多くの人が乳がんの検診を受けてくれたらうれしい」と語り、愛する妻と過ごした日々を振り返った。

この記事は有料記事です。

残り4535文字(全文4760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです