大阪のIR事業コンセプト 応募業者は7者 米国やアジアの大手

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大阪府と大阪市は4日、同市の人工島・夢洲(ゆめしま)に誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)の事業概要(コンセプト)を募る独自の事業者登録に7者から申し込みがあったと発表した。米国やアジアの大手IR業者が軒並み登録し、大阪への注目度の高さを裏付けた形だ。

 国が業者選定の基本方針を示すのに先立ち、2024年の開業を…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

あわせて読みたい

ニュース特集