立憲と国民、参院選公認候補は「支持」どまり 推薦見送る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 立憲民主党の福山哲郎、国民民主党の平野博文両幹事長は4日、国会内で会談した。夏の参院選で立憲、国民両党の公認候補に対する支援について、推薦は見送り、関与の度合いが低い「支持」にとどめることで一致した。国民は協力強化を目指す立場だが、独自路線を重視する立憲に配慮した。

 支持の対象となり得るのは、どちらかの公認候補に一本化できた選挙区。また、無所属で党籍もない候補者に一本化した場合は推薦を出せるとした。会談では、衆参同日選の可能性も踏まえ、衆院選対応についても協議を加…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文588文字)

あわせて読みたい