メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河野が65手目を封じる 大きな山場迎える 本因坊戦第3局1日目

封じ手を立会の大竹英雄名誉碁聖(左)に渡す河野臨九段(右)。奥は本因坊文裕=北海道函館市で2019年6月4日、貝塚太一撮影

 本因坊文裕(もんゆう)(30)に河野臨九段(38)が挑戦し、北海道函館市の五稜郭内の箱館奉行所で4日始まった第74期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛)の第3局は午後5時10分に河野が65手目を封じて1日目の対局を終えた。持ち時間各8時間のうち消費時間は、河野3時間32分、文裕3時間38分。5日午前9時に再開される。

 文裕がタイトル戦の七番勝負に臨むのは26回目だが、開幕局から連敗したのは初めて。河野が3連勝で勢い…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文497文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  4. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  5. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです