メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知られざる中・東欧

ルーマニア 「チャウシェスクの子供たち」の30年と政府の孤児対策

自らの人生と孤児の現状を語る元孤児のビルジル・バランさん(左)とビシネル・バランさん=ブカレストで、三木幸治撮影

 東欧に民主化革命の波が押し寄せた1989年、ルーマニアではチャウシェスク独裁政権が打倒された。欧米メディアが知られざる同国の現状を伝え始めた90年代、世界に衝撃を与えたのが、孤児の映像だった。一つの孤児院に大勢の孤児が詰め込まれ、子供は栄養不足からやせ細り、表情を失っていた。今年でルーマニア革命から30年。「チャウシェスクの子供たち」と呼ばれた彼らは、どのように暮らしてきたのか。元孤児の半生とルーマニアの孤児政策の現状を追った。

 「決して私はあきらめない。美しい花のように輝き、将来は医者になるの」。首都ブカレストにあるNGO「捨てられた子供たちの声」の事務所には、孤児たちの目標や夢が所狭しと飾られていた。運営しているのはチャウシェスク政権時代に孤児となったビルジル・バランさん(41)、ビシネル・バランさん(31)兄弟だ。彼らは今もなお、差別や虐待に苦しむ孤児の人生を立て直す支援をしている。「ルーマニアは2007年に欧州連合(EU)に加盟し、孤児を育てる制度は整った。だが実態を見ると施設の職員も、国の対応も変わっていない」。ビシネルさんは吐き捨てるように言った。

 「チャウシェスクの子供たち」は共産主義の独裁政権によって生み出された。66年、チャウシェスク共産党第1書記(当時)は経済の発展には人口増加が必要だと考え、中絶を禁止した。80年代初め、石油危機などの影響でルーマニア経済は急激に悪化。国民は食事にさえ困る状況になった。だが、政権はかたくなに子供の数にこだわった。秘密警察は3カ月に1回、職場を訪れて女性の妊娠の有無を検査し、中絶した女性を逮捕。多くの…

この記事は有料記事です。

残り1975文字(全文2663文字)

三木幸治

ウィーン支局特派員。1979年千葉県生まれ。2002年毎日新聞社入社。水戸支局、東京社会部、中部報道センター、外信部を経て16年春から現職。中・東欧諸国とウィーンの国連、核問題などを担当。Twitter:@KojiMIKI5

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボンドのスタイル決定づけ 深みと陰影の演技派に脱皮 ショーン・コネリーさん死去

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 埼玉でも無許可で豚解体容疑 ベトナム人を再逮捕へ 盗難家畜の違法処理横行か

  4. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  5. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです