連載

知られざる中・東欧

日本では注目されにくい中・東欧諸国の話題を発信します。

連載一覧

知られざる中・東欧

ルーマニア 「チャウシェスクの子供たち」の30年と政府の孤児対策

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自らの人生と孤児の現状を語る元孤児のビルジル・バランさん(左)とビシネル・バランさん=ブカレストで、三木幸治撮影
自らの人生と孤児の現状を語る元孤児のビルジル・バランさん(左)とビシネル・バランさん=ブカレストで、三木幸治撮影

 東欧に民主化革命の波が押し寄せた1989年、ルーマニアではチャウシェスク独裁政権が打倒された。欧米メディアが知られざる同国の現状を伝え始めた90年代、世界に衝撃を与えたのが、孤児の映像だった。一つの孤児院に大勢の孤児が詰め込まれ、子供は栄養不足からやせ細り、表情を失っていた。今年でルーマニア革命から30年。「チャウシェスクの子供たち」と呼ばれた彼らは、どのように暮らしてきたのか。元孤児の半生とルーマニアの孤児政策の現状を追った。

この記事は有料記事です。

残り2446文字(全文2663文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集