メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『夏の陰(かげ)』『別冊太陽 銀座とクリエーター。』ほか

今週の新刊

◆『夏の陰(かげ)』岩井圭也・著(角川書店/税別1500円)

 岩井圭也『夏の陰(かげ)』は、力のこもった作品なので、読む方も力が入った。ともに20代の若者である岳(がく)と和馬。岳は宅配便の配送をしている、剣道4段の実力者である。ある日講習会で鋭い視線を感じた。そこに和馬がいた。

 15年前、実の父が岳を人質に立てこもり、機動隊員を射殺し、その後自殺した事件があった。和馬は射殺された男の遺児だった。以後、岳は過去を封印して隠れるように生きるが「殺人犯の子ども」の刻印がつきまとう。実力者なのに公式戦に出ないのもそのため。

 竹刀の檻(おり)に閉じこもってきた岳が、自分の足で人生を歩むため、和馬も参加する全国大会に出場を決…

この記事は有料記事です。

残り1456文字(全文1772文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです