メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『“悪魔の医師”か“赤ひげ”か』池座雅之・著

命の問題がメディアに消費されてはならない

◆『“悪魔の医師”か“赤ひげ”か』池座雅之・著(出版芸術社/税別1700円)

 2006年、愛媛県宇和島市の万波(まんなみ)誠医師は、日本初の臓器売買事件に巻き込まれる。腎臓がんなどの病気が原因で摘出された腎臓を、病変部分を取り除くなどして修復し、腎不全を起こして人工透析などに頼っている患者に移植する「病気(修復)腎移植」。日本の医療では存在してはならないはずの医療行為は「人体実験」と呼ばれ、週刊誌では「腎臓ホリック 万波誠の“猟奇的犯行”」などと、日に日に過激に報じられていく。

 その一方で、患者たちはこれらの報道を「患者を置き去りにした一方的な建前論と言わざるをえません」と署…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文921文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです