メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『大阪 ―都市の記憶を掘り起こす』加藤政洋・著

飲み食いへの欲望をてらいなく押し出す都市

◆『大阪 ―都市の記憶を掘り起こす』加藤政洋・著(ちくま新書/税別820円)

「歩くたのしみ」に満ち、織田作之助から岸政彦まで、大阪ブックガイドとしても読める一冊。

 「『昭和』という時代の都市空間にあって、『大阪の伝統的な匂い』を感じ取ることができるのは、法善寺界隈などの路地や特定の『食物屋』でしかない」と、オダサクはとらえていたそうだ。「『横丁』を『大阪のなかの故郷』として、言い方を換えるならば、郷愁(ノスタルジア)を喚起する空間として発見していた」と。昭和の大阪に身を置いたことのない私でも、横丁を通り抜けるとき、やはり大阪らしさを嗅ぎ取る。どこの街でも当たり前にある営みではあるものの、とりわけここは飲み食いへの欲望をあえて前面に押し出すことにてらいのない都市だなあ、と、いつも思う。

 横丁は地下にものびていく。「ラビリンスの地下街」と題された章では、梅田にあった、通称「アリバイ横丁…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文931文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  4. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです