メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 益田ミリ『しあわせしりとり』

小学生から大人の方までお手紙をくれることが嬉しい

◆『しあわせしりとり』益田ミリ・著(ミシマ社/税別1500円)

 小学生のころ、自分のイニシャルを知って名前がもうひとつプレゼントされたような気になったり、新幹線の座席が間違っていないか幾度も確認したり。益田ミリさんの新刊『しあわせしりとり』は、まさにオトナの“あるある”に満ちている。新聞連載の「オトナになった女子たちへ」をまとめたものだが、再編成にあたって各項目タイトルをしりとり順に並べたのは、担当編集者のアイデア。りんご好きなら「しりとり」に「りんご」と続けるかもしれないが、赤ちゃんがいる人なら「りにゅうしょく」と続けるかもしれない。益田さんが書くひと言ひと言に、読み手は心地よく心を揺さぶられていく。

「文章で書けなかったことをイラストで補うこともあるし、その逆もあります。ナポリタンの話などは、食べた…

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1442文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです