メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

コロンビアでトマト投げ祭り、真っ赤になれば皆友達

 南米コロンビアの街スタマルチャンで2日、恒例のトマト投げ祭り「トマティーナ」が開催された。参加者らは畑の真ん中に積み上げられた巨大なトマトの山に飛びつき、白いTシャツは宙を飛び交うトマトで真っ赤になった(2019年 ロイター/Luisa Gonzalez)

[PR]

 [3日 ロイター] - 南米コロンビアの街スタマルチャンで2日、恒例のトマト投げ祭り「トマティーナ」が開催された。参加者らは畑の真ん中に積み上げられた巨大なトマトの山に飛びつき、白いTシャツは宙を飛び交うトマトで真っ赤になった。

 首都ボゴタから北へ2時間のこの地域はトマトで有名。トマティーナは、農業地域の収穫の終わりを記念する恒例行事だ。

 ブラジルからの観光客は「まるでトマト戦争。汚れている人は皆、友達だ。汚れていない人を見かけたら、トマトで汚す。とても楽しい」と話した。「必勝」と書いた鉢巻きを締めた日本人観光客は「皆が友達になり、トマトを投げ合う。素晴らしい文化だ。日本にはこういうイベントはなく、とても気に入った」と述べた。

 イベント主催者のヘイナー・スアレス氏によると、祭りで使われたトマトは収穫されなかった、人間が食べるのには適さないものだという。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです