メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 介護施設で暴力があったかもしれない、という。報道では詳細は分からないが、それだけに高齢者を抱える家族は不安に思う。今は家にいられても、介護しきれなくなった時は施設が頼りだからだ。

 私は母を在宅介護しながら働いている。頼りになるのは地域のケアマネジャーさんやヘルパーさん、そしてデイケアやショートステイを受け入れてくれる施設だ。とりわけ、何でも相談できる素晴らしいケアマネジャーさんがいて、助かっている。介護保険制度はさまざまな課題を抱えてはいるが、必須の社会基盤だと思う。

 それでも、生活全般を見渡して管理するのは家族だ。問題があれば改善し、足りないものは購入しておく。施設や病院とのやりとりや複雑な書類の記入なども家族の仕事である。食事を作る時間がないのだが、良い時代になった。ありとあらゆる宅配や売っている総菜を調べては母に試してもらっているが、その種類の多いこと。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです