メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

1対1の「ぬくもり」夕時に TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」が追求 24年の歴史に幕

スタジオで対談する荒川強啓さん(左)と近藤勝重・毎日新聞客員編集委員=東京都港区で2013年、須賀川理撮影

リスナーとキャッチボール“共犯性”が聖域生む

 「聴く夕刊」をコンセプトに、24年間続き、関東一円などで人気を博したTBSラジオのニュース情報番組「荒川強啓デイ・キャッチ!」が3月末、惜しまれながら幕を閉じた。放送回数は6250回に上る。パーソナリティーを務めた荒川強啓さん(73)に、挑戦し続けてきたというラジオジャーナリズムの可能性について聞いた。【石塚孝志】

 「平成という時代とともに幕を閉じることにあたりまして、その歴史の片隅に『デイ・キャッチ!』という番…

この記事は有料記事です。

残り2612文字(全文2843文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです