メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

1対1の「ぬくもり」夕時に TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」が追求 24年の歴史に幕

スタジオで対談する荒川強啓さん(左)と近藤勝重・毎日新聞客員編集委員=東京都港区で2013年、須賀川理撮影

リスナーとキャッチボール“共犯性”が聖域生む

 「聴く夕刊」をコンセプトに、24年間続き、関東一円などで人気を博したTBSラジオのニュース情報番組「荒川強啓デイ・キャッチ!」が3月末、惜しまれながら幕を閉じた。放送回数は6250回に上る。パーソナリティーを務めた荒川強啓さん(73)に、挑戦し続けてきたというラジオジャーナリズムの可能性について聞いた。【石塚孝志】

 「平成という時代とともに幕を閉じることにあたりまして、その歴史の片隅に『デイ・キャッチ!』という番…

この記事は有料記事です。

残り2612文字(全文2843文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです