メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個展

赤松音呂さん 気化熱の原理利用、サウンドアート 東京・新宿区

赤松音呂さんの新作「メテオン」の展示風景=永田晶子撮影

 両端に優美な膨らみを持つガラスの器や透明な立方体が壁沿いに林立するホワイトキューブ。時折、かすかな音が耳をかすめる。コロン……コツッ……。それを捉えようと全身で耳を澄ます。

 美術家、赤松音呂(ねろ)さんの新作「メテオン」は気化熱の原理を利用したサウンドインスタレーション。水が蒸発する際に生じる温度差を原動力…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです