メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
定型の窓から

漢文から和語の詩へ=片山由美子

片山由美子さん

芭蕉野分して盥に雨を聞夜哉 芭蕉

日本語をはなれし蝶のハヒフヘホ 加藤楸邨

 令和となって早くも一カ月が過ぎた。すっかり定着しているように感じるのは、ひと月前の四月に発表されていたからだろう。平成の改元のときのように、突然元号が変わったという戸惑いはなかった。

 「令和」が概(おおむ)ね抵抗なく受け入れられたのは、言葉として美しいと感じる人が多かったからと思われる。俳句の投稿欄にも、令和を詠んだ句がたくさん寄せられた。

 令和は『万葉集』が出典とのことで、元号が発表されると同時に書店から『万葉集』が消えるほど売れたとい…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1264文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです