オジロワシ

北の自然、眼前に 北海道・野付半島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
キタキツネを威嚇するオジロワシ=北海道別海町で2019年5月11日、貝塚太一撮影
キタキツネを威嚇するオジロワシ=北海道別海町で2019年5月11日、貝塚太一撮影

 北海道東部・別海町の野付半島では、絶滅危惧種のオジロワシが近づいてきたキタキツネを威嚇する姿など、大自然の営みを間近に見られる。

 野付半島は砂などが海岸から細長く突堤状に堆積(たいせき)してできた全長26キロに及ぶ日本最大の砂嘴(さし)。オジロワシは越冬で半島を訪れた後、そのまま残って生息する個体…

この記事は有料記事です。

残り66文字(全文216文字)

あわせて読みたい

注目の特集