第90回都市対抗野球

都2次予選 NTT東、ドーム切符 投手戦制し第2代表 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【NTT東日本-明治安田生命】【NTT東日本-明治安田生命】明治安田生命を無安打無得点に抑えて東京第2代表となり、マウンド上で喜ぶNTT東日本先発の大竹(中央)ら=丸山博撮影
【NTT東日本-明治安田生命】【NTT東日本-明治安田生命】明治安田生命を無安打無得点に抑えて東京第2代表となり、マウンド上で喜ぶNTT東日本先発の大竹(中央)ら=丸山博撮影

 第90回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の都2次予選は4日、神宮球場(新宿区)で第2代表決定戦があった。緊迫した投手戦は、NTT東日本が明治安田生命に1-0で勝ち、4年連続43回目の本大会出場を決めた。最優秀選手賞には無安打無得点を達成した大竹飛鳥投手が選ばれた。

 敗れた明治安田生命は5日に同球場で行われる第3代表決定戦に回り、JR東日本と戦う。試合の模様は、毎日新聞ニュースサイト(https://mainichi.jp/ama-baseball/kurojishi/)でライブ中継される。【川村咲平】

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文685文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい