メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱海国際映画祭

市、開催を断念 実行委分裂 運営会社は「実施」 /静岡

 熱海国際映画祭の実行委員会が分裂した問題で、熱海市の斉藤栄市長は4日、記者会見を開き、6月28日開幕予定の第2回映画祭について、市が中心となった新体制での開催を断念すると発表した。一方、斉藤市長が解任を発表した実行委代表の運営会社「フォーカス」の髪林孝司代表取締役も4日に記者会見し、「解任は無効」としてフォーカスが中心の実行委が予定通り第2回を実施すると強調した。

 斉藤市長は、フォーカスが保有しているコンペティションの上映作品約40作が確保できないことを、断念の理由にした。入手できた映画製作者リストを基に再提出を依頼するとしていたが「出品者を紛争に巻き込むことになる」としてやめたという。フォーカスが映画祭を開いても「解任したのだから支援や協力はできない。幕引きです」とした。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  4. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです