メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宮迫さんら処分撤回 吉本興業社長が表明
那須写真館

鳥羽・志摩最古、大正ロマン漂う 近く解体、見学希望者に開放 /三重

 大正ロマンが漂う木造2階建ての「那須写真館」(鳥羽市鳥羽1)が、老朽化が激しいため近く解体されることになった。1902(明治35)年に開業した鳥羽・志摩地区で初めての写真館とされ、2階に設置されたスタジオは、北側の屋根に外光を取り入れる「明かり取り」が施されていた。同館を買い取った近くの燃料販売業「すきや」の東谷佳一さん(67)は「貴重な写真館なので、見学希望者には解体するまで館内を開放したい」と話している。

 那須写真館は、郷土史研究雑誌「郷土志摩」の「志摩の写真百年」の中に取り上げられている。それによると…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文968文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  3. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 松本人志さん、吉本社長に会見必要と訴える テレビ生放送で明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです