いが☆グリオ

乳児にもクラシック 応援大使に 「ぶんと」がイベント ピアノ演奏など楽しむ 伊賀 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
応援大使のたすきを掛けたいが☆グリオと任命状を持った三重・伊賀市文化都市協会の中村忠明理事長=同市の市文化会館で、大西康裕撮影
応援大使のたすきを掛けたいが☆グリオと任命状を持った三重・伊賀市文化都市協会の中村忠明理事長=同市の市文化会館で、大西康裕撮影

 伊賀市文化都市協会(ぶんと)は、乳幼児のうちからクラシック音楽に親しんでもらう「ぶんとチャイルドクラシックプログラム」を発表し、市の観光大使のゆるキャラ「いが☆グリオ」をプログラム応援大使に任命した。【大西康裕】

 ぶんとは、解説付きコンサートの開催などファンを増やす取り組み「クラシックのいろは」を2015年から始めたが、毎年参加者の80%が60代以上で、未就学児はコンサート会場に入れない。

 今回、ぶんとは「新たなファンをつくる」として、楽しい音楽で手足をバタバタする0~1歳児対象の「2歳になるまでのクラシック」と、リズムに乗って体をゆらゆらする2~4歳児の「わんぱくKIDSのクラシック探検隊」を企画した。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文728文字)

あわせて読みたい

注目の特集