向日市

病児保育施設、新設 待機児童にも対応 来年4月 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 向日市はこのほど、子供を病気の時にも預けられる「病児・病後児保育施設」が同市寺戸町に新設されると発表した。JR桂川、阪急洛西口の両駅周辺の大型マンション開発による人口増に対応し、民間の社会福祉法人が運営する施設の設置費の一部1890万円を補助する。

 施設は定員5人で来年4月に開所予定。生後2カ月の乳児から小学4年生までを対象に、病気や病み上がりの…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

あわせて読みたい

注目の特集