メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害救助犬

もしもに備え訓練 京丹波でレスキュー協会 /京都

訓練で、人間の匂いを探して歩く災害救助犬=京都府京丹波町で、添島香苗撮影

 台風などの自然災害が増える季節を前に、山岳地での行方不明者を災害救助犬に捜索させる訓練が4日、京丹波町の山林であった。救助犬の育成や派遣を行うNPO法人日本レスキュー協会(兵庫県伊丹市)が主催し、10頭が参加した。

 それぞれのレベルに応じた訓練で、ある程度経験を積んだ救助犬は人間のにおいを頼りに山林を歩き回り、倒木の下に隠れた行方不明者役の男性を見つけると、繰り返しほえて発見を知らせた…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 大相撲の元小結豊山が死去 72歳 先代湊親方

  5. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです