メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

要支援者安否確認訓練

災害時に自動確認 LINE活用、伊丹で初 /兵庫

訓練で災害情報や安否情報などを集約する兵庫県伊丹市の職員ら=同市千僧1の市防災センターで、近藤諭撮影

 防災科学技術研究所(茨城県)などが開発中の自動応答システム「LINE防災チャットボット」を使い災害時に要支援者の安否を確認する訓練が5月31日、伊丹市であった。同システムを用いた安否確認訓練は全国初という。市や関西電力など約200人が参加し、実用化に向けて手順を確認した。

 昨年9月の台風21号で、伊丹市では大規模な停電が約1週間続いた。市は障害者など市内に約2000人いる避難行動要支援者の安…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです