メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徳島サッカー教室

日本代表・塩谷選手が開講へ 知事訪問し説明 /徳島

飯泉嘉門徳島県知事(左)にサイン入りユニホームを贈るアルアインの塩谷司選手=同県庁で、大坂和也撮影

 サッカー日本代表として今年1~2月のアジアカップに出場したアラブ首長国連邦(UAE)の強豪・アルアイン所属の塩谷司選手(30)=小松島市出身=が3日、県庁に飯泉嘉門知事を表敬訪問し、徳島市内で小学生以下対象のサッカー教室を7、8月から開く計画を説明した。

 教室について「地元に恩返しがしたいと思っていた。サッカーを通して子どもたちの手助けをしたい」と語った。飯泉知事は「(選手と指導者の)二足のわらじで大変な部分もあると思…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです