メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛・伊方原発

廃炉案、県に賛同求める 四国電力株主ら /高知

要望書を手渡す「未来を考える脱原発四電株主会」の丸井美恵子共同代表(左)=県庁で北村栞撮影

 四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)の廃炉を訴える四電の株主らが4日、県に要望書を提出。株主総会で提案する議案への賛同を県に求めた。

 県は四電株の623万株を保有する大株主。この日、「未来を考える脱原発四電株主会」の3人が県庁を訪れ、新エネルギー推進課の井上隆雄課長に尾崎正直知事宛ての要望書を手渡した…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火
  5. なぜ暴言を繰り返す物議男が英首相になるのか ジョンソン氏を読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです