メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

備えは

防災のために/上 大雨警戒と早期避難 「あの日」を忘れず /福岡

土砂崩れの現場に立つ二家さん

 5月中旬、昨年の西日本豪雨で夫婦2人が犠牲になった門司区奥田の土砂崩れ現場を訪ねた。土砂やがれきは撤去され住宅地は更地になっていた。赤茶けた土手はむき出しのまま。崩れた部分は幅約48メートル、高さ約31メートルに及ぶ。町内会長の二家(にけ)秀俊さん(70)は「この地で被災者が出たことを決して忘れてはいけない」と唇をかんだ。

 あの日。二家さんは午前6時20分ごろ、ガラガラと砂利が転がる不気味な音で目覚めた。大雨の中、戸外に出てみると、山側の排水溝から猛烈な勢いで水が噴き出していた。

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1263文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです