メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
備えは

防災のために/上 大雨警戒と早期避難 「あの日」を忘れず /福岡

土砂崩れの現場に立つ二家さん

 5月中旬、昨年の西日本豪雨で夫婦2人が犠牲になった門司区奥田の土砂崩れ現場を訪ねた。土砂やがれきは撤去され住宅地は更地になっていた。赤茶けた土手はむき出しのまま。崩れた部分は幅約48メートル、高さ約31メートルに及ぶ。町内会長の二家(にけ)秀俊さん(70)は「この地で被災者が出たことを決して忘れてはいけない」と唇をかんだ。

 あの日。二家さんは午前6時20分ごろ、ガラガラと砂利が転がる不気味な音で目覚めた。大雨の中、戸外に…

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1263文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです