メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎新幹線

姿勢の違い鮮明に 長崎・佐賀両副知事が会談 /長崎

 九州新幹線長崎ルートの新鳥栖-武雄温泉間の整備方式を巡り、平田研副知事は3日、佐賀県庁で、同県の坂本洋介副知事と会談した。平田副知事がフル規格を求める立場から「国の来年度予算(案計上)のため環境整備を」と求めたのに対し、坂本副知事は「長崎県との議論で方向性は決めない」と不快感をあらわにした。

 会談は長崎、佐賀両知事が5月14日に非公開で面談し、副知…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休園?一部受け入れ?それとも原則開園? 緊急事態宣言、保育園「どうしたら…」

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  4. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  5. 「緊急事態宣言」8日午前0時効力発生へ 首相、記者会見で説明へ 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです