石木ダム訴訟

原告ら意見陳述 地裁佐世保 /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県と佐世保市が川棚町に建設を計画する石木ダム事業で、水没予定地の地権者らが工事差し止めを求めた訴訟の第11回口頭弁論が4日、長崎地裁佐世保支部であり、原告側の4人が意見陳述して利水、治水両面で石木ダムは必要ないと主張した。4月に裁判長が代わったため、改めて原告側の思いを伝えた。

 地権者の一人、岩下和雄さん(72)は、…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文318文字)

あわせて読みたい

ニュース特集