メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「お父さんが/お前にあげたいものは/健康と/自分を愛する心だ…

 「お父さんが/お前にあげたいものは/健康と/自分を愛する心だ。/ひとが/ひとでなくなるのは/自分を愛することをやめるときだ……(その時)ひとは/他人を愛することをやめ/世界を見失ってしまう」▲詩人・吉野弘(よしの・ひろし)は「奈々子に」で、誕生した長女に呼びかけた。詩はお前に多くを期待しないともいう。期待に応えようとして人は駄目になるからだ。望むのは「かちとるにむづかしく/はぐくむにむづかしい/自分を愛する心」だった▲父親の思いが「重荷」だったというのは当の久保田奈々子(くぼた・ななこ)さんである。「自分を愛する心」を見つけるまで長い時間がかかったが、自分が子を持ってこの詩を読み涙が止まらなくなったという(妻と娘二人が選んだ「吉野弘の詩」)▲人は自分を愛せなくなれば、他人や世界も意味を失い、道徳も倫理も底が抜ける。そんな無残さに慄然(りつぜん)とした川崎の20人殺傷だった。今度はこの惨事に衝撃を受けた父親がわが子を手にかけたと供述しているやりきれない事件である▲東京で家庭内暴力をくり返していた44歳の長男を刺殺したとされる元農林水産事務次官の76歳の父親である。長男は近くの学校の運動会に「うるさい、ぶっ殺すぞ」と口走り、父親は児童たちに危害を与える恐れを感じたというのだ▲殺害が許されるはずもないが、長男も自分を愛する心を見失って家庭内暴力の迷路に陥ったのか。それは「かちとる」のも「はぐくむ」のもむづかしい。そううたった詩人の言葉をかみしめた1週間だった。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
    2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
    3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
    4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
    5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです