メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丸山衆院議員

戦争発言 糾弾決議へ 与野党提出合意 あすにも衆院で

 衆院議院運営委員会は4日の理事会で、北方領土を戦争で奪還する趣旨の発言などをした丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=から出された弁明書を基に対応を協議した。弁明書で丸山氏は、辞職を迫る与野党の動きについて「人民裁判的な決定を行う言論府となることが危惧される」などと批判した。一方、与野党は丸山氏に対する「糾弾決議案」を共同提出する方針で合意。5日にも提出し、6日の衆院本会議で可決される見通しだ。

 糾弾決議案は、丸山氏について「国会議員としての資格はない」と糾弾し、「ただちに自ら進退について判断」するよう促す内容。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです