メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大船渡の163キロ右腕・佐々木はロッテが交渉権 最多4球団が競合
号外星稜・奥川はヤクルトが交渉権 3球団が競合
焦点

天安門事件30年 香港市民に危機感 「逃亡犯条例」改正契機「自由守る」

追悼集会でろうそくを手に天安門事件の犠牲者の冥福を祈る若者ら=香港中心部・ビクトリア公園で4日午後7時59分

 天安門事件の発生から4日で30年を迎え、中国の習近平指導部は権力の一極集中と国内の統制をこれまで以上に強化している。「1国2制度」で中国本土と法体系が異なる香港でも近年、統制は強まり、民主的な選挙を求めたデモ「雨傘運動」(2014年)が失敗して以降、市民の間に無力感も漂っていた。ただ中国の意向を受けて香港当局が取り組む「逃亡犯条例」改正を契機に、自由を求める運動が再び息を吹き返している。

 香港で4日に開かれた事件犠牲者らの追悼集会では、市民らは逃亡犯条例改正への反対も訴えた。改正案が立…

この記事は有料記事です。

残り1945文字(全文2191文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです