メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏ルノー・FCA

統合協議 仏政府、介入姿勢強める

 フランス自動車大手ルノーと欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の経営統合交渉を巡り、ルノー筆頭株主のフランス政府が介入姿勢を強めている。統合後の新会社に対する影響力低下を懸念しているためだ。ルノーは4日午後(日本時間同日夜)に取締役会を開き、FCAとの統合交渉入りについて協議する見通しだが、仏政府の意向が両社の統合に影響を及ぼしそうだ。【三沢耕平(ロンドン)、小坂剛志】

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1115文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです