メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石牟礼文学

原点発見 毎日新聞熊本版に短歌21首投稿

毎日新聞熊本版「熊本歌壇」の1952年12月28日付で掲載された石牟礼道子さんの短歌2首(プライバシー保護のため画像の一部を加工しています)

洗はれしタイルを踏みて立つ時にたしかめらるる女身の意識

 水俣病の惨苦を描く「苦海浄土」の作者、石牟礼道子さん(1927~2018年)が25歳当時、毎日新聞熊本版に投稿した短歌21首が見つかった。短歌、詩、小説など多彩に活躍した石牟礼さんの活字になった最初の文学作品。新聞投稿がきっかけで熊本の短歌結社に入り、その後の文学活動の基礎を固めた石牟礼さん。「虚(うつ)ろさ」などの日常を初々しく詠む短歌群は今後、「苦海浄土」へ至る「原点」として注目を集めそうだ。【米本浩二】

 熊本県内を拠点に活動していた石牟礼さんが毎日新聞「熊本歌壇」に投稿していたことは年譜などで知られて…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1045文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです