メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
悲劇繰り返さぬために

6・28ハンセン病家族訴訟判決/中 子や孫にも言えず 原告の大半、氏名伏せる

亡くなった父の写真を見る男性(右)と弟。男性は「ハンセン病のことは家族内でも話さなかった。訴訟をきっかけに初めて弟も同じ苦しみを抱えていることを知った」と語る=徳島県内で2月、山本有紀撮影

 ハンセン病元患者だった父が亡くなった14年前、徳島県の男性(71)は「これで『らい』と縁が切れる」とほっとした。しかし、秘密を抱えて生きるつらさは、家族訴訟の原告となった今も変わらない。

 小学6年の時、父は香川県の小島にある国立療養所「大島青松園」に収容された。保健所は自宅が真っ白になるまで消毒した。うわさは数日で広まり、小学校で仲間外れにされた。2年後に別の地域に転居すると、母は男性と弟に命じた。「父は死んだと言いなさい」

 25歳で結婚し、3年して妻に父のことを打ち明けた。驚きながらも受け入れてくれ、家族で青松園に面会に…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1178文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 空母化する護衛艦「いずも」の自衛隊員たち (中)若手隊員の思い やりがいと寂しさと メールで家族や夫と連絡

  5. 札幌 クラブ史上最多8発!“爆勝呼んだ”進藤ゆりかごパフォ(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです