メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

「成年後見」定着せず 来年制度導入20年 面会1度で年116万円、利用者「やめたい」

東北地方の女性が、裁判所職員から夫の後見人について「いい弁護士に出会った」と聞かされた際のメモ

 認知症や障害で判断力が衰えた人を支える「成年後見制度」。介護保険と同じく来年度で導入20年となるが、後見人の報酬額や仕事内容に関して利用者の評判が悪く、利用の伸び悩みが続いている。最高裁が今年に入り、報酬額の見直しなど運用改善策を打ち出し、5月には利用促進目標が決まったが、使いやすい制度にできるのか。【原田啓之】

 「できることなら成年後見制度をやめたい」。東北地方の女性(66)はため息をついた。

この記事は有料記事です。

残り2420文字(全文2620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです