メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

「成年後見」定着せず 来年制度導入20年 面会1度で年116万円、利用者「やめたい」

東北地方の女性が、裁判所職員から夫の後見人について「いい弁護士に出会った」と聞かされた際のメモ

 認知症や障害で判断力が衰えた人を支える「成年後見制度」。介護保険と同じく来年度で導入20年となるが、後見人の報酬額や仕事内容に関して利用者の評判が悪く、利用の伸び悩みが続いている。最高裁が今年に入り、報酬額の見直しなど運用改善策を打ち出し、5月には利用促進目標が決まったが、使いやすい制度にできるのか。【原田啓之】

 「できることなら成年後見制度をやめたい」。東北地方の女性(66)はため息をついた。

この記事は有料記事です。

残り2420文字(全文2620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 新型肺炎 クルーズ船乗客2人死亡 早期診察でも重症化

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです