メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

高野山夏季大学 参加者募集

[PR]

 第95回高野山夏季大学を開催します。

     <会期>8月2日(金)~4日(日)<会場>高野山大学松下講堂黎明館(和歌山県高野町)<演題と講師>◇第1日=「見える世界と見えない世界…物語の生まれるところ」児童文学作家・角野栄子氏▽「可能性への挑戦」大相撲解説者・舞の海秀平氏◇第2日=「変わりゆく日本」関西学院大学教授、NEWS ZERO元メインキャスター・村尾信尚氏▽「国連とともに歩んだ人生--これからの日本は?」国立京都国際会館理事長、元国連事務次長・明石康氏▽「明日を素敵(すてき)に生きるには」エッセイスト、コメンテーター・安藤和津氏▽「ピアノ弾き即興人生」ジャズピアニスト・山下洋輔氏◇第3日=「南方熊楠と高野山」高野山大学副学長・奥山直司氏▽「ことばのはたらき」言語学者、杏林大学特任教授・金田一秀穂氏

     <聴講料・定員>1万6000円。先着800人。希望者には別途、宿坊あっせん<申込書・要項請求先>ホームページ(https://www.mainichi.co.jp/event/culture/koyasan/)からダウンロード、または返信用封筒(1部92円切手添付)を同封して〒530-8251 毎日新聞社事業部、高野山夏季大学係へ。問い合わせは電話(06・6346・8377=平日のみ10~18時)

     主催 毎日新聞社、総本山金剛峯寺/後援 高野山大学

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

    2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

    3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

    4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです