メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

太陽光発電、環境に優しい? どうやって電気になるの/メガソーラーって大きいよね=回答・岩間理紀

 <くらしナビ・環境>

 温室効果ガスの削減につながるクリーンなエネルギーとして「太陽光発電」の導入が進んでいます。しかし、発電所の建設を巡っては、各地で「本当に環境に優しいの?」と反対が相次ぐなど課題もあります。現状を紹介します。

どうやって電気になるの 燃料不要、温室効果ガス出ず

 なるほドリ そもそも太陽の光はどうやって電気になるの?

 記者 太陽光発電は、シリコン半導体などに光を当てると電気が生まれる「光電効果」の原理を利用しています。発電に使われるソーラーパネルは一般的に、半導体を張り合わせて作る太陽電池をつなげたものです。「電池」という名前ですが、太陽の光を電力に直接変換する「発電機」の役割をしています。1950年代後半から実用化され、光さえあれば自力で発電できるため、人工衛星や無人灯台、身近なものでは電卓や時計にも使われ…

この記事は有料記事です。

残り1573文字(全文1941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです