メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

効きの長い薬、短い薬=東京大教授、精神科医 佐々木司

 精神科に限らず、薬を飲むことは誰にでもある。薬を購入する時、処方された時、何に効く薬かは皆が気にするし説明も受ける。一方、大切なのに無視されやすいのが、薬の作用時間、つまり薬を飲んでからどれくらいその薬の効果が持続するかだ。

 不眠の緩和、不安の緩和など、薬はその目的によって分けられるが、目的ごとにさらに多くの種類がある。同じ目的の薬でも作用時間は種類によってまちまちで、例えば不安を和らげる薬なら効果が2~3時間のものから、数日持続するものまである。

 問題は、その違いが実際の治療にどう関わるかだ。まず関係するのは服用回数で、効果の短い薬は1日に複数回服用することが多い。そうしないと、途中で効果が切れて症状が再燃するからだ。

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです