メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第3部 隣の芝生から/6止 元サッカー日本代表・森岡隆三さん(43)

社会過熱、プレー集中を 自国開催の重圧、リーチに助言

 キャプテンとして自国開催のワールドカップ(W杯)をどう迎えるか。サッカー元日本代表の森岡隆三さん(43)=J1清水アカデミーアドバイザー=は昨秋、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル主将(30)=東芝=から問いかけられた。

 親交のある元東芝の森田佳寿さんを通じ、対面が実現。2002年W杯日韓大会で日本の主将を務めた森岡さんは「社会が過熱し、自分を見失いがちになる。余計な情報は入れずプレーに集中するよう心掛けた」と率直に語った。真剣に耳を傾けるリーチからは強い決意が伝わってきた。

 日韓大会で日本は初めて16強入りしたが、栄光の陰で森岡さんはベルギーとの初戦で負傷。精神的に追い詰…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文793文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  4. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  5. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです