メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたし、定時で帰ります。

我が家・坪倉に「アンナチュラルに続き泣かされた」の声 「あな番」とのギャップに反響も

連続ドラマ「わたし、定時で帰ります。」に出演するお笑いトリオ「我が家」の坪倉由幸さん(右)と女優の内田有紀さん(C)TBS

[PR]

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の第8話が6月4日に放送された。内田有紀さん演じる賤ケ岳八重(しずがたけ・やえ)の優しい夫・陽介を演じるお笑いトリオ「我が家」の坪倉由幸さんの演技に、SNSでは「まさか、坪倉さんに泣かされるとは……」「アンナチュラルに続き坪倉に泣かされた」「我が家坪倉、本当に侮れないよなあ、泣いた」などといった反響があった。

 第8話では、母親が倒れたため、一人で熊本に帰省し、しばらく熊本にいることにした陽介。一方で、賤ケ岳は東京に残り、一人で双子育児に仕事に奮闘していた。そんな中、育児と仕事を一人で抱え、いっぱいいっぱいだった賤ケ岳のもとに、突然陽介が帰ってきて……という展開だった。

 坪倉さんは、「アンナチュラル」(同局系、2018年放送)の第4話で、過労からくるバイク事故によって、妻と子供を残して命を落とした製菓工場の従業員を好演。「アンナチュラル」「わたし、定時で帰ります。」を手がける新井順子プロデューサーは、坪倉さんの役者としての魅力について「特にセリフがないときの受けのお芝居がナチュラルで、ぐっとくる雰囲気を醸し出してくださるのが魅力です」と話していた。

 SNSでは、「我が家の坪倉さんの役で良いなと思ったのは、アンナチュラルのお父さん以来。あの役も良い役だったよね」「我が家の坪倉、アンナチュラルでも泣かせにきて、今度はわた定かよ…アンタ凄(すご)いよ…俳優だよ…」といった声もあった。

 さらに、坪倉さんは、原田知世さんと田中圭さんがダブル主演する連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)にも出演し、不倫する夫役を演じていることから、「我が家・坪倉って火曜日だとめっちゃいい旦那なのに、日曜日になるとくっそ最低な旦那になるからどうしたもんか」といった声もあった。

 「わたし、定時で帰ります。」は、朱野帰子(あけの・かえるこ)さんの同名シリーズ小説(新潮社)が原作。「残業ゼロ」「定時で帰る」がモットーのワーキングガール、結衣(吉高さん)が、くせ者のモンスター社員の抱える会社でさまざまなトラブルを解決していく物語。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです