メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

比嘉愛未

三浦春馬主演「TWO WEEKS」で連ドラ初の母親役 三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳も出演

7月スタートの連続ドラマ「TWO WEEKS」に出演する(上段左から時計回りに)比嘉愛未 さん、三浦貴大さん、黒木瞳さん、高嶋政伸さん=カンテレ提供

[PR]

 女優の比嘉愛未さんが、7月から放送される三浦春馬さん主演の連続ドラマ「TWO WEEKS(トゥー・ウイークス)」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に出演することが6月6日、分かった。比嘉さんは、三浦さん扮(ふん)する主人公・結城大地の元恋人の青柳すみれを演じる。すみれは、結城から一方的に別れを告げられた後、結城に黙って娘のはな(稲垣来泉ちゃん)を産みシングルマザーとして育ててきたというキャラクターで、比嘉さんが連続ドラマで母親役を演じるのは初めて。

 ドラマは、同名の韓国ドラマが原作。殺人未遂の罪で服役した過去を持ち、現在は人生に希望を持たず、毎日をただ刹那(せつな)的に過ごす結城の前に、人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げたすみれが現れ、8歳になる娘・はなを産んでいたことと、はなが白血病であることを告げられる。はなに愛情が芽生えた結城は、はなのドナーとして適合し、2週間後に骨髄移植手術を受けることになるが、何者かにはめられ、殺人事件の犯人として逮捕されてしまい、決死の逃亡に身を投じる……というストーリー。新米検事の月島楓役で芳根京子さんも出演する。

 三浦貴大さん、高嶋政伸さん、黒木瞳さんの出演も発表された。三浦さんはすみれの婚約者で優秀な刑事の有馬海忠(ひろただ)、高嶋さんは結城と古くからの付き合いがあり「ある出来事」にも関わっている実業家の柴崎要、黒木さんは楓を娘のように可愛がっている国会議員の久我早穂子を演じる。

比嘉愛未さんのコメント

 --このドラマの企画、そして脚本を読まれた時の印象を聞かせてください。

 台本を読んだときにスピード感があって、ハラハラして、すごく映像が頭に浮かんだんです。いつも作品に携わらせていただくときに「映像が思い浮かんでときめくか」を大事にしているのですが、今回は一気に世界観に入り込めたので、ぜひ演じさせていただきたいなと思いました。

 --連ドラでは初の母親役ですが、すみれをどう演じていきたいと思いますか?

 すみれは信じられないくらい不運な女性ですが、相当な覚悟と強い母性を持った女性です。その複雑さも繊細さもひっくるめて、すみれの思いを自分の中に落とし込んで演じていけたらと思います。連ドラでは初めての母親役ということで、役者として一つのターニングポイントになる挑戦です。だけど、乗り越えた先は絶対景色が変わるような気がしますので、楽しみながら取り組んでいきたいです。

 --撮影に向けての抱負や、視聴者に向けてメッセージをお願いします。

 私自身、読んでいてすごく面白くて、次も見たいと思える脚本ですので、その中でちゃんと母性をにじみ出せるように頑張ります。素晴らしいキャストの皆さん、特に疾走する三浦春馬さんの熱量を感じてもらえたらと思います。ぜひご覧ください。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです