メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
香取慎吾

「新しい地図」以降初の単独主演映画完成に感慨 「すごいプレッシャー」と苦悩も…

映画「凪待ち」の完成披露試写会に登場した香取慎吾さん

[PR]

 香取慎吾さんが6月5日、東京都内で行われた主演映画「凪待ち(なぎまち)」(白石和彌監督、28日公開)の完成披露試写会に登場。今作が、「新しい地図」として歩み始めてから初の単独主演映画となった香取さんは「新しい道を歩み始めてもう1年以上たつんですけど、自分の、初めての一人の映画ということで、すごいプレッシャー、緊張、気負いすぎている部分もあった」と胸中を明かしつつ、「完成作を見たとき『自分の映画』という、それだけの思いではまったくなく……白石監督の映画『凪待ち』として、素晴らしい映画になっていて、そこに参加できた」と感慨深い表情で語った。

 完成披露試写会には恒松祐里さん、西田尚美さん、音尾琢真さん、リリー・フランキーさん、白石監督も出席。完成披露試写会では、作品の公式SNSに寄せられた質問に香取さんが答える場面もあり、「今後監督とご一緒するならどんな役をやりたいか」という質問に対して香取さんは「どんな役でも。またぜひご一緒したいですね」と回答。「どんな役でももう一度。リリーさんや音尾さんのように、『白石組を見たら僕がいる』みたいに、参加できたらうれしいです」と“白石作品”への続けての出演を熱望していた。

 「凪待ち」は、「クライマーズ・ハイ」「ふしぎな岬の物語」などの加藤正人さんが脚本を担当するオリジナル作品で、パートナーの女性とその娘と共に彼女の故郷の宮城県石巻市で再出発しようとする男を主人公に「喪失と再生」を描いた人間ドラマ。毎日をふらふら過ごしていた郁男(香取さん)は平穏を取り戻しつつあるように見えたが、小さなほころびが積み重なり、やがて取り返しのつかない事件が起きてしまう。郁男は絶望的な状況から、次第に自暴自棄になり……というストーリー。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  3. 女性タレントがサーファー救助のお手柄 警察が感謝状 千葉・一宮海岸

  4. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

  5. 投資家の滝本哲史さん死去 47歳 京大客員准教授 「僕は君たちに武器を配りたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです