メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

部員2人の福岡・朝倉高史学部 「源為朝伝承」で優秀賞 日本考古学協会で研究発表

高校生ポスターセッションでプレゼンした北嶋さん(右)と本田さん=泉教諭提供

 部員2人だけで活動してきた福岡県立朝倉高校(朝倉市)の史学部が、このほど東京で開かれた日本考古学協会主催の高校生ポスターセッション(研究発表)で優秀賞に選ばれた。

 3年生の北嶋阿弥(あや)さん(17)と本田詠咲(うたせ)さん(17)は昨年12月、古文書や住民への聞き取りを基に平安時代の武将、源為朝と朝倉地方が深い関係にあったとする説を発表し、1月には調査の過程の映像を動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップした。セッションでは、この説を4枚のポスターにまとめてプレゼンし、16校中2番目の優秀賞に選ばれた。

 本田さんは「結果を聞いて、すぐには頭に入ってこないくらいびっくりしました」。顧問の泉信至教諭は「調査の民俗学的なアプローチが評価されたのではないか」と話す。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです