メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

山ちゃん「フラガール婚」キューピッドはしずちゃん ブサキャラ実は「苦労人」芸の幅広げ

お笑い芸人の山里亮太さん

 5日朝に飛び込んできた、「山ちゃん」の愛称で人気の「南海キャンディーズ」山里(やまさと)亮太さん(42)と俳優の蒼井優さん(33)の結婚。これまで交際の報道もなく、うわさにもなっていなかったことから、芸能マスコミも驚いている。5日夜の2人の結婚発表会見が楽しみだ。

 山里さんはこれまで、「非モテ男キャラ」「ブサキャラ(ブサイクキャラ)」を通してきた。「よしもとブサイクランキング」で3年連続1位で殿堂入りし、おぎやはぎさんからは、山里さんが嫌いな芸能人は芸能界から消えていくことから、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」をパロディーにして「デスの極み男」とラジオで名付けられたほど。容姿や性格でいじられることが多かったし、それが人気の理由の一つでもあった。

 でも、素顔の山ちゃんは実は違う。千葉出身の山里さんは、芸人になりたくて吉本興業の若手養成スクール、NSCの大阪校に入ろうと考え、親を説得するために、浪人をして関西大学文学部に入学。学業と芸人になるための修業を、慣れない大阪で両立した苦労人でもある。コンビ結成、解散、ピン(一人)芸人を経て、新たなコンビを2003年に組んだのが、コテコテの関西人、山崎静代さん、しずちゃんだった。

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文1228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです