視覚障害者の応対指南書 福岡県が市町村向けに作成

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
視覚障害者からのマイナンバーカード発行申請への応対手順をまとめた福岡県のガイドブック=北九州市小倉北区で2019年4月18日午前9時25分、奥田伸一撮影
視覚障害者からのマイナンバーカード発行申請への応対手順をまとめた福岡県のガイドブック=北九州市小倉北区で2019年4月18日午前9時25分、奥田伸一撮影

 福岡県は、マイナンバーカードの発行を担当する市町村職員向けに、視覚障害者からの申請に応対する手順をまとめたガイドブックを作った。来庁から手続き終了までを体系化し、マイナンバー以外の行政手続きに準用できる点が特徴。全国の視覚障害者でつくる日本盲人会連合(東京)は「このような冊子は珍しい」とし、多くの行政手続きへの広がりを期待している。

 ガイドブックは、県情報政策課の50歳代の職員が、県内の視覚障害者団体に行政窓口での応対について要望を聞いたり、住民課など自治体の担当部署にカード発行の実務を尋ねたりして、1年半かけてまとめた。国は2017年春に福岡県内の全盲男性の求めで点字用のカード申請用紙を作ったが、情報政策課職員が「用紙に加え、視覚障害者に即した応対も冊子にまとめてみよう」と思い立った。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1196文字)

あわせて読みたい

注目の特集