ゲノム編集食品「食べたくない」4割 東大調査 今夏にも解禁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 生物の遺伝子を効率よく改変できるゲノム編集技術を使い開発した農作物について、東京大の研究チームが一般市民を対象に意識調査をしたところ、「食べたくない」と答えた人が4割を超えた。畜産物では5割を超え、抵抗感を持つ人が多い現状が浮かんだ。東京都内で開催された日本ゲノム編集学会で5日、報告された。

 調査は、東大医科学研究所の内山正登客員研究員らが昨年5~6月、20~69歳の男女約3万8000人を対象にインターネット上で実施。約1万700人から回答を得た。

 ゲノム編集された農作物を「食べたくない」と答えた人は43%で、「食べたい」は9.3%にとどまった。畜産物では「食べたくない」が53.3%、「食べたい」が6.9%で、畜産物の方が抵抗感が大きい傾向がみられた。一方、「どちらとも言えない」が農作物で47.7%、畜産物で39.8%と判断を迷っている人が多い様子もうかがえた。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文695文字)

あわせて読みたい

注目の特集