メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海汽船、新造ジェットフォイルの名前は「結」

新造船の名前とデザインを発表し記念撮影に応じる東海汽船の山崎潤一社長(左)とデザインを担当した美術家の野老朝雄さん=東京湾内で2019年6月5日午後4時46分、米田堅持撮影

 東海汽船は5日、2020年夏に完成・就航予定のジェットフォイルと貨客船の船名と船体デザインを東京湾内で発表した。

 ジェットフォイルは全長27.36メートル、全幅8.53メートル、総トン数165トン、速力は時速約80キロで、定員は241人で「結(ゆい)」と命名された。これまで同社は中古のジェットフォイルを導入してきたが、新造船は初となる。

 「結」は同社のジェットフォイルとしては初のバリアフリー船。バリアフリー席10席と多目的トイレを設置…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文683文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  4. さいたま小4殺害 父親の逮捕状請求へ 死体遺棄容疑 埼玉県警

  5. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです